スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小和田会の崩壊 近し

テーミス10月号
旧皇族からも仮借なき非難
雅子妃&小和田家「批判」がさらに強まる
小和田恒氏の言動や国際司法裁判所での居座りなどについて旧皇族から識者まで

テーミス2013年10月号 P16

「雅子妃&小和田家『批判』が更に強まる」
「小和田恒氏の言動や国際司法裁判所での居座りなどについて旧皇族から識者まで」

「酒が入っても本家を批判せず」
「雅子妃殿下の現在の本当の病名と病気の見通しについて、説明がないまま皇后になられるとしたら
それは国民との「見えない契約違反になるのではないか」ベテラン皇室ウォッチャーは「雅子皇后「への不安を語った。

曖昧な病名(適応障害)をタテに、都合のいいときのみ、公務を勤められているように映る振る舞いは、
週刊誌が逐一、報道するところだ。
最近は、8月下旬の被災地訪問がある。
(略  滞在が短かった説明記事)

週刊誌を舞台に、そのころ不思議な「事件」が起きていた。
(要約)「6月下旬、週刊新潮は皇室典範改正(天皇生前退位や皇位継承の辞退の改正を宮内庁が安倍首相に要請)
宮内庁は事実無根と文書抗議したが、3か月たつのに訂正記事は現れない。

「情報源は旧皇族ではないかと言われている。訂正記事が掲載されると、宮内庁は
その旧皇族を特定化して○×家を処分しなければならなくなる。それはそれで厄介」

「皇族・旧皇族は直接皇太子一家を批判できないので、実家の小和田家を中心に批判が熾烈を極めている。
彼らはいくらお酒が入ってベロンベロンになっても見事に天皇家・東宮家・秋篠宮家の悪口、批判は一切口にしない。
雅子に対しても、『皇后になられる方だから』というのがせいぜいだが、その後に小和田家への比例または不敬に対する批判になる。
菊栄親睦会には招待状を出すのだが、『当初2,3回現れ、その後はほとんど欠席だ」などのエピソードで間接的に苦言を呈する」(政治ジャーナリスト)

「高円宮が ”会食”をセットした」

(要約)女系天皇をめぐる政治の動き、男系男子有資格者について、識者もここ数年、廃太子を言い出したなど)

「小和田家がここまで忌避されるのは、それなりの理由がある。
第一に雅子を皇太子妃として入内させようとして、チャンスを狙っていたフシがあることだ。
外務省と縁が深い故高円宮殿下が87年4月下旬、雅子を自宅に招き、既に招いていた皇太子殿下4人との会食をセットした。
次回のデートは昭和天皇崩御の直後、92年8月、元外務次官の柳谷謙介氏宅だった。

小和田氏の地位とカネへの執着も異常に強く、人格と絡めて評判はよくない。
「雅子比の父親とあって、外務官僚は誰も「後輩に道を譲ってください」とは言い出せない。
それをいいことに居座る。自分の立場をどう考えてるのか」(皇室ウォッチャー)

「外務省は国際協調にこだわる」

02年3月、首相官邸から機密費約5億600万円をだまし取ったとして、松尾克俊元要人外国訪問支援室長が
有罪になった。
松尾氏が支援室長だったのが93年10月から6年余り。
この時期は小和田氏の国連大使時代と重なる。
そのころ、愛知大学の河辺一郎助教授(当時)は、自著「日本外交と外務省」の中で、
「ロジの神様」と呼ばれた松尾が支援したのは小和田だったかもしれない」と書いた。
更に、小和田氏の思考様式に疑問を投げる人は多い。

氏は「日本はハンディキャップ国家」だという。
中国、韓国に謝罪し続けて生きていかなければならない国だというのだ。
極東裁判についても、正しいとの趣旨の答弁を国会でしていた。
なぜこれほど自国を卑下し、誤り続けなければならないのか。

外務官僚やOBは国際性を旗印に国際協調にこだわる。
それが日本独特の皇室制度にどういう悪影響を与えることになるか、考えようとしない。

「危ないところで有識者会議の結論を棚上げにした安倍氏は、第二次安倍内閣で内閣法制局長官に小松氏を起用した。
前回、有識者会議の皇室改正案は、内閣法制局が主導的役割を果たしたが、共産党系法律事務官や、元在日系が潜入してるといわれる。

共産党の志位委員長は8月、都内の講演でこの法制局長官人事について、
「クーデター的人事で、法治国家を土台から揺るがすものだ」と批判した。

安部氏は、「女性・女系天皇」には反対だが、首相に返り咲く間、
旧皇族などとも接触して勉強してきた。
長官人事は、安倍氏はこちらでも「逆転」を狙っているのだ。
そのとき、小和田氏らの 〝皇室乗っ取りの野望” は潰えることになる。

-----------------------------------------------------
【テーミス取扱店】
基本年間予約購読制で、書店での一般発売はされていないが、一部大手書店での店頭販売もされている。
東京 タカシマヤタイムズスクエア紀伊国屋書店新宿南店(東口の新宿本店には置いてないので注意)/八重洲ブックセンター本店/
三省堂神保町本店/丸善丸の内本店
大阪 旭屋書店梅田地下街店/ジュンク堂大阪本店
テーミスHPから、バックナンバー取り寄せ可能。
-------------------------------------------------


最近の週刊誌の風向きが変わってきた。
東宮擁護と秋篠宮家パッシングがほとんどだったのが
今年「雅子様、東京駅で罵声」から少し波がたったと思ったら
応援団の女性週刊誌が「愛子様とのび太くん似」の写真公開。
グッチを持ち小学6年生が親付きでお泊り避暑。
梯子を外された。

焦って「報道写真」が出る「顔見世」をするも恥をかくばかり。
金のかかる日帰りをだらしない姿で行い、一番大事な「宮中祭祀」はゼロ。
伊勢遷宮も後日皇太子から「雅子も着替え」などと報道しなければ嘘もばれないのに。
東京国体にも観戦なし。(長時間は無理らしい)
オリンピックで一瞬フラッシュの高円宮久子も、黒い噂で泥だらけ。
沈黙していた三笠宮信子様に期待の声があがる。

遷宮で力を得た方々に清き水がそそがれ
見放された者達に泥がかけられ
かつて有ったであろう「その印」見えぬのではなく消えていく
「その印」を持たぬ者は遠ざけられる、時既に遅し。
いや、それすらも気が付かない、誰も居なくなり
それでも気が付かない愚か者。だからココまでやってしまった。

「人」は育った環境や教育も大事な要素だか「気性」が根本。
思い上ったり、勘違いしたりするのは、本来の気性がそうだから。
小和田会に染まった東宮もそうだし、小和田一族が全員そう。
入内時の学歴詐称、コネ三昧、ボロが透けて丸見え。
賛美は半分だけ貰えばいいものを、もっと欲しがる欲がある。
中身が伴ってこその賛美を、当然の顔でうけとる。

ここまで「声」が大きくなり慌てても「気性」がそうだから無理。
自分に非は無いと考える事もしない、出来ないから繰り返す。
見限られても理解できないかも。打つ手なし。


■ 動きます ■
宮内庁は26日、天皇、皇后両陛下が全国豊かな海づくり大会の式典出席などのため、
10月26~28日の日程で熊本県を訪問されると発表した。水俣病発生の地で、
稚魚の放流会場となる水俣市を初めて訪れ、水俣病慰霊の碑に供花したり、市立水俣病
資料館で患者らから話を聞いたりする予定。

 宮内庁によると、26日午後に特別機で熊本県入り。合志市の国立ハンセン病療養所
「菊池恵楓園」を訪れ、入所者を慰問。全国13カ所の国立療養所のうち11カ所目の
訪問となる。

 27日は水俣市のエコパーク水俣で稚魚を放流。水俣病資料館では患者の現状などの
話を聞き、患者や家族と懇談する。


遷宮で力を得た方々が歩む道
道の石ころを取り除くのは
私達、日本国民
お掃除です!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまのこ

Author:やまのこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。