スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和天皇の涙

天皇の涙

この優しさを継がれたのは 秋篠宮殿下

そして 殿下から 悠仁さまへ





「・・・・・ね」 このお言葉が好きです  今でも

だいじょうぶ だいじょうぶ だいじょうぶ ね

声が聞こえます


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あ、そう 

昭和の天皇陛下の「あ、そう」が懐かしく思い出されます
一見そっけないように聞こえますが・・・まあ子供の時は実際そう感じました
いやいや、この「あ、そう」の中には実に色々な深い深い陛下の御心の粒子が散りばめられていたのだと今になってわかるのです
「私」を全くころしておられた陛下
なんかうるうるしてしまう・・・

秋篠宮さまの中に時々昭和の陛下を拝見するのは私だけではないのですね
悠仁殿下がその面影を精神を受け継いでおられる
愛子さんではないのです お父さんのナルさんでもないのです
元来、長男さんが受け継ぐべきところですが、残念
まあ、ナルさんが昭和の陛下の御心に沿っていたら私たちが日々気をもむことなどなかったはず 必然ですね

蛇足ながら
ドラマ「ごちそうさん」は今関東大震災の頃のお話ですが、時の大阪市長が東京に救難船を派遣した この市長こそ紀子妃殿下の曽祖父にあたられる方だそうです
心がけがよい人は子孫も違う!

見守ってくださっているはず

昭和天皇の左に置かれている帽子、ヤフオクに売り出されていたものでしょうか・・・、ため息・・・。

昭和天皇は、皇族が反対するなか、美智子さまの入内について理解を示されたそうですね。
そして、小和田雅子については反対された。

昭和天皇は、皇統が継ぐべき人に継がれるように、今も見守ってくださっていると思います。

うさみみさま

「あっそ」が国民に知られたのは戦後の巡幸からで、戦前の記録にもありますね。どこかで読んだ(展示会など)記憶では、側近などから説明された時に「即答」を避ける為。(私ではなく日本国が優先だから)「受付ました」的な言葉からではと。上下関係(専門職の方々)の事もあり事案もあり、戦争開始から終戦まで自室で考え抜いてから「あっそ」の続きが発せられる?決して、そっけないお言葉ではなく、考えて考えて考えての「あっそ」だそうです。天皇皇后両陛下お出ましは美智子皇后からですが現人神になられた今は「アリ」だと思います。雅子さん擁護の人々が前は違うと言いますが、美智子様もお覚悟の上で変えられ頑張っていらっしゃいます。子育てをなさりもせず「ドタ欠・ドタ出」は了見が違います。
大阪市長!そうなんですよね。「日本の血族」石井妙子著にも書かれていまた!文庫本で30頁ほどですが紀子さまの「賢い血脈」凄いですね。そうですかNHKで!皆さんに知って欲しいですよね。紀子さまの家系は肩書きではなく実績を残されています。地図、統計学なと日本のお役にたつお仕事が多いです。チッソ江頭とは大違いです。。。
嬉しい情報は多くの方々に知って欲しいです!
情報ありがとうございました!

sarahさま

見守ってくださっているはず
信じています!
2008年のヤフオクは毎夜ネットであさり続けいますが、品物に関しては「本物」の結論。出ドコが不明。。。警察も週刊誌も動かない、だとしたら「まずい」のだと思います。ナルさんでないにしろ「やんごとなき」お方が関係している。このヤフオクで私が一番気になったのは「御冠」です。写真の、お帽子は騒がれた次期2008年10月末に出品はありません。(多分ですが)ヤフオク騒動後に今上天皇の展示会で「ここにあります!」的に見せられた事も含め。あれは売り手の言葉通り「昭和天皇」の御冠ではと思われます。週間新潮以後、一切の報道なし。皇族がらみは今上天皇にも傷が付く。それを荒立てるより交換条件か?奥の奥でどんな「後始末」がされたのか、されるのかも、庶民には見えません。
ナルさんが退いてくれたら「忘れてもよくてよ!」ですね。
私達も「歓喜の日」までお見守りいたしましょう!

ありがたい

ありがたい動画でした。
 

東宮に限らず、今の私達はどこから日本人の心を失くしたのだろうか.

自分さえ良ければいいと・・・

北陸のとっち さま

お越し頂きありがとうございます。

この動画は初めに写真が出るだけで、後は文字だけです。
一気に見える紙の文字と違い、黒地に白抜き文字に
じわじわと心臓をつかまれます。
昭和天皇と同じように経過していく文字
涙がぽたぽた・・・ 
自分の心が弱っているときは折れてしまいます。
昭和天皇のように言葉は出せません。

いつから。日本人の心。
2年間にわたる巡幸はGHQが警護にあたっていますが
どこも暴動などなかった。それが戦後の日本でした。
前に記事にしました「広島」で陛下は、とても(失礼ながら)心細い。
原爆投下の地で奇跡的残った「原爆ドーム」と「護国神社」の鳥居。
同時に画像に映ります。それを前にし国民と対面なされる陛下。
初めは低く小さく帽子を振られる・・・その帽子が高く上がった瞬間
国民からの大歓声。GHQの記者はあわてて同じ上段まで上り
写真を撮る!安心されたのでしょう、怖かったと思います。
肘がのびてだんだん高くなる帽子、さらに左右に大きく振られる帽子。
その動画の最後は「一番高い位置の帽子」で終わります。
この時の陛下46歳です。玉音放送は44歳。
このご年齢で「日本国」を守られたのです。

「日本が守るべきものは」10月23日の記事です。
http://yamanokoyama.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

今年動画にある護国神社、宮島へ行きました。
何が変わってしまったのか。答えは見つかりませんでした。
上の動画、よかったらご覧下さい。
ありがとうございました。

動画のご紹介、有難う御座いました。

先帝陛下はまさに現人神であらせられました。日本人が日本を取り戻すには、まずは日本の事を知ることが大切です。
日本には素晴らしい話が沢山あります。
hokori2013で検索して頂ければ、私のチャンネルが出てきます。
私は13の動画しか公開しておりませんが、お勧め動画に120程の動画を紹介させて頂いております。
是非、ご覧下さいませ。
有難う御座いました^ ^
プロフィール

やまのこ

Author:やまのこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。